病院を選ぶ基準

看護師

受診の順序と受診する科

テレビなどでも取り上げられるようになったキラーストレスですが、一般的に知られているストレスの概念と異なり血管破壊などの人体的影響を与え、心筋梗塞や心不全などの突然死を招くおそろしいものです。体に異変を感じ、キラーストレスの疑いがある場合、病院を選ぶ基準は大きく言えば二つあります。まず、いきなり総合病院などの大きな病院へかかるのは避けることです。大病院は医療技術が優れていて安心感はありますが、初診の費用が一般の病院より高くつく可能性があります。また患者数も多いために待ち時間も長くなりがちのため、最初は近所のクリニックなどを受診するといいでしょう。もし小さな病院などは対応できないほどの症状であれば紹介状を書いてもらうことで、大病院の受診料も節約できる場合があります。次に、内科と心療内科もしくは精神科の両方を診てもらえる病院にかかることです。これはキラーストレスはストレスが人体に影響を与えるものなので、初期症状の段階ではストレスが原因であると当人が気付いていない場合が多いため、総合的に判断できる医師がいるところが適切に診断してもらえるためです。カウンセリング等も行っている病院であればなお良いでしょう。逆にキラーストレスを疑って受診してみたらまったく違う疾患だったという可能性も無きにしも非ずなので、ひとつの科に絞って受診するよりは心と体の両方を診てもらいましょう。ストレスは溜め込むと人命に関わります。たかがストレスと考えず、限界を超える前に適切な処置を行いましょう。

Copyright© 2018 ストレス解消でキラーストレスを回避【大きな病気になる原因】 All Rights Reserved.